So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

No216 [その他]

_DSC6758-2.jpg
Nikon F2 Micro Nikkor 55mm F2.8 Acros100(Film)
_DSC6748.jpg
Nikon F2 Micro Nikkor 55mm F2.8 Acros100(Film)

さて、前回のはおしまい
皆様、またまたゴメンなさい^^
で、新しいiPhoneで見てみたけど、やっぱ新しい方がディスプレーは正確になってるみたいだね
前回、上のはは黒が浮き過ぎかと思って消したけど、このぐらいでどうかな?
後でまた直すかも?
フィルムはアナログだから、どんなデジタル機器でも見られるようにするように階調を減らすのが難しいんです
本当は、もう少しフィルムのShadow部を出したいんだけどね
で、写真の基本は、下の18%標準反射板が基準になるんだけど、これはフィルムもデジタルも同じで、これが写真全ての基準なんです
でね、今回こういうのを貼ったのは、手に入れたAuto Nikkor 5.8Cm F1.4のレビューを見てたらね、絞ると何故か色が濁ると書いている大バカチンのカメラ屋がいたんです
絞り込んでオートを使えば、それは当たり前です
他のレビューもそうだけど、jpgで比べていたり、カメラ標準プリセットで比べていたりするのを見かけるけど、それはコンピュータが勝手に判断した値です
カメラは大原則として、この標準反射板を基準に調整されてるんだけど、今のデジタルカメラは、それでは自然界の光線に対応出来ないから、其々、独自のアルゴリズムで露出やホワイトバランスを合わせられるよう、日々、進化してるんです
また、デジタルはフィルムのようなラチチュードが無いから、狭い領域にピンポイントで合わせるのが難しく、まだまだ発展途上なんです
そんな事すら知らない世代を見てると、人間が知らないうちにコンピュータに操られているんだなと思う
18%標準反射板を持っていない人がレビュー書いてる事自体がおかしいんだけど、これ、カラーフィルムだともっと難しくて、乳剤番号と現像液の状態に合わせてレンズ・フィルム・ライトの色の違いをCCフィルターで合わせるんです
レンズには固有の色があり、フィルムの乳剤番号を1つにしてしまうと、機材によって相性が良い場合とそうで無い場合が出るでしょ
それを防ぐ為にフィルムは敢えて違う乳剤番号がロット毎に割り付けられるんです
スタジオでは、新しい乳剤番号のフィルムに変わると、必ず最初にテストカットを写し、CCフィルターの値を決めるのは常識なんです
フィルムを語るなら、そのぐらいの事は知ってて当然なんだけど、知らないから妄想の世界で作り上げられた嘘の映像が氾濫する訳です
何故かフィルムの映像を貼るとアクセス数が急に増えるんだけど、今はこういうフィルムの映像があまり見られないからかな?
時間が出来たら、本当の5.8Cmの映像を見せてあげるよ
ネットを探したけど、1枚もまともなのは無かった
あんな映像じゃない
もう、ネットの嘘はウンザリ
これは開放時の像は甘いけど、柔らかい綺麗なトーンに包まれながら、ビシッと中心部は芯のある映像になる筈
でも、リング削ってAi改造するのは嫌だから、これはマウントアダプタ買おうと思ってます
どうも、1D-sに付きそうですね
その前に、ちょっとフィルムで写してみたいな
まぁ、それが半世紀前の映像だからね
とうとう、その当時の機材が揃ったよ
自分はコレクターじゃないから、ここでその映像を蘇らせる
生まれる前の映像を見てみたい
まぁ、ただそれだけの事なんですけどね
あっ、ついでに手に入れた人間国宝の皿も見せてあげる^^
奥様は、そこら辺に置いとかないでねと言ってた
ちょっとは旦那を見直したか、ボケ〜!(笑)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の1件 | -